1. TOP
  2. 起業家教育メソッド
  3. 失敗しないセミナーコンテンツの作り方

失敗しないセミナーコンテンツの作り方

失敗しないセミナーコンテンツの作り方

 

起業家のためのUSPディレクター
小藪 宗博です。

 

始めよければ全て良し。ということ

 

セミナーを主催する講師よりも
セミナーを受講する参加者は緊張しているモノ。

 
 

その緊張している参加者の「眼・耳・脳」を
一瞬で講師に向けさせることができるかで、
セミナーの成功は決まると言えます。

 
 


独自のソレがない。と言う方は、

悩む前にGoogleの検索窓に「アイスブレイク」と
叩き込んでください。

 
 

今や数分でその解決策が見つかる時代ですからね!
是非チャレンジしてみてください。

 
 

人は正しいことよりも
楽しいことに共感するモノである(^_-)-☆

 

 

失敗しないセミナーコンテンツはこう創る(その2) 

 

緊張している参加者の「眼・耳・脳」を
一瞬で講師に向けさせるアイスブレイクが完了。

 

私がこのセミナーでお伝えすることは・・・
いよいよこの導入部分となる「切り出し」

 

ここでは、参加者の「眼・耳・脳」を
セミナー講師から
「学べる唯一の先生」とシフトさせることが必要です。

 
 

ポイントは2つ

 

1:なぜ語る資格があるのか?と
明確に位置づける自己PR。

 


2:このセミナーで参加者は何を学び

何を持ち帰ることが出来るのか?
を明確に伝えておくこと。

シロウトは語ることが得意。
プロは共感させることが得意なのです。

 

専門性のある深い知識と成果をあげる研究家である証明を用意せよ!

 

ネットの普及、情報の洪水化により、
学びに来る参加者も「にわか専門家」
であることが多い昨今、

 

1つのジャンルで
型破りな専門性のある深い知識を用いて、
成果をあげているかどうか?

 

ここでは、先生(講師)の教えを用いて、
実践した方の事実を伝えておくことです。
(用意しておくことです)

 

はじめは小さな成果でも数があれば問題ありません。

 
 

本題で話すことを
「信頼」してもらうための「切り出し」。

 

つまり、
成果の証明を明確に伝えておくことで、
聞く姿勢から学ぶ姿勢を創ることです。

 
 

お客様の声こそが効果の証明となり、
最大のPR財産となるんや(^_-)-☆

 

小学6年生でも分かる幅広い知識で教えるプロを目指せ!

 

では早速、本題に入っていきましょう・・・

 

セミナーの本題に入るための「切り出し」。
ここでは、リズムとテンポ・
ピッチとボリュームを意識し、

速すぎず・遅すぎず・伝えすぎずに、

 

セミナー修了後に「即行」できる
(即行動に移れる)「ギフト」を渡すように、
参加者に置き換えられる事例や根拠を示しながら、
曖昧でなく断定的に教えていくことが重要です。

 

参加者を迷わす曖昧さを無くし、
参加者がその場で理解できない
難しさを無くすことです。

 

難しいことを難しく教えるのはシロウト、
難しいことを誰よりも分かりやすく
教えるのがプロなんや(^_-)-☆

 

体験・体感型のワークディスカッション型で空気・空間を創れ!

 


つまらないセミナー

→ 一方通行型


盛り上がるセミナー

→ 顧客巻き込み型

 
 

デジタル放送を例にすると、
アナログ放送では、
視聴者が参加することができずに、

 
視聴者の盛り上がりやニーズの収集を
故意に演出する必要があった。

 

ところが時代がデジタル放送に変わり、
視聴者がクイズ番組に回答できることで、
飽きのない演出及びニーズの収集が
その場で創造できる時代となった。

 

上記からも分かるように、
一方通行の古きつまらぬ型にこだわらず、

 


巻き込み型によるワークディスカッション型で、

盛り上がる空気・空間及び
ニーズ収集の創造を目指してください。

 
 

人気セミナー(コンテンツ)となるヒントが必ず見えてきます。
 

※巻き込み型、ワークディスカッション型の
イメージがつかない方は、

悩む前にAmazonの検索窓に
「ファシリテート」と叩き込んでください。

 

学べるHowToは余るほどありますよ。

 


私のセミナーにお越しになると、

開催イメージまで明確になりますが!!!

 

体験・体感が”やればデキル”を伝染させるんや(^_-)-☆

 

質問のある人はいますか?

 
 

よくあるセミナー風景ですが、
果たしてこれで質問されるケースは
どれほどあるのかを考えるべきです。

 
 

参加者の特性の1つには、
後ろで黙って聞いて帰りたい。
聞いてみたいけど聞くのが恥ずかしい。

 

などがあります。

 
 

もちろん中にはそうでない人もいますし、
前者はやむを得ませんが、

 

後者からの質問及び回答で、
先生(講師)の信頼や感動を増殖させ、

 
 

参加者全体の満足度を
沸点に届かせる”特効薬”となること
覚えておいてください。

 
 


その演出を可能にするのが、

顧客コミュニケーション3つの鉄則です。

 

1:聞くこと
2:同意すること
3:提案すること

 

この3つを尊重し聞き出してあげることで、
周りの人からの主体的な発言も誘発させることが容易となるのです。

 


参加者が人気セミナーとさせる
ナビゲーターと成るんや(^_-)-☆

 

参加者から伝染者を生み出すということを知る

 

即行できるダンドリ戦略のススメが
参加者の成果を速め、

参加者から伝染者を生み出すということを知る。

 
 

セミナー終了直後から行って欲しいことは・・・

 

セミナーをクローズさせるための「切り出し」。

 

2時間を超えるセミナーの場合、
先生(講師)が想い描く以上に
たくさんのことを教えているモノです。

 
 

参加者がそのすべてを
受け取ることは不可能だということを
覚えておくべきです。

 

だからこそ、
以下の定義を提案してあげてください。

 
 

「1メッセージ1アクション」
 
 
つまり、
セミナーで学んだこと、
セミナー終了直後から行って欲しいことを
 
明確なダンドリで示すことです。

 

私のように
「全て録音可・録画可」とできるならば、
更に満足度や成果速度を
速めさせることができるでしょう。

※録音・録画の許可は自身の責任で決めてください。

 
 


また、メディア

(ブログ・メルマガ・フェイスブック等々)を
運営している参加者には、

 


感想を記事として掲載していただき、

導線に自身の希望するメディアを
伝えておくこともお忘れなく!

 


始めよければ全て良し。

終わりよければ更に良し(^_-)-☆

 

収益獲得型と顧客獲得型のどちらを選択するか?

 


収益獲得型とは?

セミナーを、収益源とするモデル。
#高額モデル

 

顧客獲得型とは?
セミナーを、販売者とお客様の関係から、
先生と生徒の関係に進化させ「信頼」を得た中から、
先生(講師)へ解決を求める顧客を獲得できるモデル。
#低額モデル

 
 


そもそもセミナーを「ヤル理由」は何なのか?

この理由と型を明確にすることです。

 
 


私の場合、型は後者に重きを置いています。

しかも参加人数は10名以下で行っています。

 

その理由は3つです。
 
 
1つ目は、
私が自己投資し、自ら学び、
自ら実践し、記録に残した研究を

求めている人に目の前で体験・体感していただき、

 


その効果・成果を良い意味で

伝染させられることが、
起業家業界における社会貢献の1つと捉えるため。

 

2つ目は、
私を知らなかった人でも、
セミナーという空気・と空間の共有から、

必要以上の労力とお金をかけずに
「信頼」を獲得することができ、

 


問題解決を求める人とそうでない人を

瞬間で判断できるからです。
※このスタイルで、求めている人を対象に
顧客獲得率55%を超えさせています。

 

3つ目は、
人に教える、語り合う、
成果を伝染させる、共に豊かに成る。

 


このセミナーコンテンツ作成法を、

私に関わる多くのセミナー開催希望者に
実践させてあげられやすいためです。

 

あなたはどちらをなぜ選択しますか?

 


是非セミナー開催、
是非チャレンジしてな(^_-)-☆

 

USPディレクター

 

 

=======================
何を行うのかではなく、なぜ行うのか(^_-)-☆
=======================

 
 

▼他にもやめるだけで上手くいく方法はこちら▼

———————————————————–
000人を超える起業家が読んでいる

やめるだけで結果が出る
方法が書かれた唯一のメール講座

http://usp1000.com/?p=2670
——————————————————- 

 

他にも起業家教育メソッドを知りたい方はこちら

 

できるからやる。のではなく、
やるからできるんや( ̄^ ̄)ゞ

 


最後まで読んでくれておおきに(^^)

 

3秒で顧客の心に火をつけろ!
起業家のためのUSPディレクター
小藪 宗博

\ SNSでシェアしよう! /

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「失敗の原因」を徹底解決するサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「失敗の原因」を徹底解決するサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 起業家を成長させる『5ステップ問題解決ワークディスカッション』

  • 起業家を成長させるのは、1000万の売上より◯◯

  • 起業家の成長に必須の教え!『教える人が学び続けられる人』

  • 起業家に教えるべき『起業家の習慣』

  • 再現性を語れる語り部となることで起業家は成長する

  • ビジネスの未来を決める重要な選択肢