1. TOP
  2. 成功者の習慣
  3. 起業家としての当たり前の基準

起業家としての当たり前の基準

私には2人の子どもがいるのですが、
上は高校2年、下は中学2年の
どちらも男の子です。

(意外と言われますが、、、^^;)



2人のうちの下の子が、
高校受験の真っ最中!



先日、
私立高校の受験で合格した
と報告がありました^^



Facebookにアップしたところ、
いいねが300を超え、
コメントも100以上いただいてます^^

おおきにです^^




下の子どもとは、
電話で連絡をしたのですが、



本人からは、

「まあ、数学もたぶん満点やし。
 無難に受かったな。。。」

と話をしてました^^




それに対して私からは、
「次の公立高校の入試でも満点やな。」

と回答しておきました。




実は普段から、
意味と意図をもって
こんなやり取りをしています。



具体的には、
子どもたちには普段から、

英・数・国・理・社
の5教科については、

学校の中間や期末テスト、
模試などすべての機会で


500点満点を目標として
当たり前のように伝えていました。



「次は500点やな!」
という感じです。



そして、
結果については
なぜ満点じゃなかったのか?
分析する以外は

とやかく言わない。



これを繰り返していました。




すると最初のうちは
「そんなん無理や、、、」

と言っていたのが、



次第に、
「また言ってるわ、、、」

に変わり、



「数学と英語は満点かも!」

に変わり、



満点を目指すことが
当たり前になっていったのです。



結果として、
スムーズに合格することが出来ました^^




これって起業の世界でも同じです。




売れない起業家と
売れている起業家の違い。





それは、

当たり前の基準の違いがあります。




売れない起業家の方は、
月商20万円でもあげれたらいいか
という当たり前にいます。



結果として、

月商1万円もあげれない人が
実に8割以上いるのです。




そして、
売れない起業家に対して、


売れる起業家の方は、
最低でも月商100万円。

次第に月商1000万円やそれ以上を
目指していくのです。



だからこそ、

乱立する起業家のなかで
一歩抜け出すことが出来るのです。




あなたは大丈夫ですか?




ライバル不在の市場をつくるUSPで
自動的に売上があがる仕組み
売れるヒットパターンは、



3つの基準を元に、
月商100万円超えをどんな状況からでも
作り出せる仕組みになっています。



あなたのヒットパターンはどんなカタチですか?

 

それはいつ出来ますか?

 

もしも、
今すぐ売れるヒットパターンを
手に入れたいならこちらです。

 

▼実は、大切なポイントはココにある!▼

———————————————————–
000人を超える起業家が読んでいる


売上が劇的に変わる新しい視点!
売れるヒットパターンの事例集を
無料でプレゼント!

——————————————————- 

最後まで読んでくれておおきに^^

3秒で顧客の心に火をつけろ!
起業家のためのUSPディレクター
小藪 宗博

\ SNSでシェアしよう! /

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「売れるヒットパターン」を徹底解決するサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「売れるヒットパターン」を徹底解決するサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • イチロー選手に学ぶ突き抜ける秘訣

  • 起業家に遊びが必要な理由

  • トレジャーマインド深掘りセッションでストッパーが外れました!

  • 起業が失敗する面白いレポートを発見^^

  • ◯◯する時間を取ってはる?起業家にとって大切な時間

  • 富士登山で見つけたビジネス成功のヒント