1. TOP
  2. 売れるUSP起業家の成功哲学
  3. 売れるFacebook(フェイスブック)活用法
  4. 【厳選6メソッド】Facebook(フェイスブック)集客のコツ

【厳選6メソッド】Facebook(フェイスブック)集客のコツ

【厳選6メソッド】Facebook(フェイスブック)集客のコツ


起業家のためのUSPディレクター
小藪宗博(こやぶ むねひろ)です。

 

今回は
Facebook集客に成功した事例を元に
USPを軸にした活用法をお伝えします。

 

本やセミナーで学んでいる方にとって、
聞いたことがないかもしれませんが、
結果が出ている革新的な構造として
読んでもらえてばと想います^^

 

売れていない人ほど、無意識にやってしまっているトラップ

 

フェイスブックを見ていると、
売れている人そうでない人が丸わかりです(^_^;)

 


売れていない人ほど、

未来のお客様が嫌がることを
精一杯やってしまっています。

 

例えば、


・イベントの一斉送信

・投稿と関係のないコメント
・自分の意見のない名言だけの投稿
・いいねのおねだり


などなど、、、

恋愛だったら、

 

KYだったり、
ゴリ押ししてくる人と
付き合いたくないですね。

 

嫌われる行動で告知数を増やすより、
未来のお客様に好まれる行動が大切なのです。

 

未来のお客様に好まれる行動とは?
是非考えてみてください。

 

「Facebookを書いても反応がない問題」を解決する方法



「反応がないのです、、、」

起業家に多い悩みですね。

 

USPネクスト個別相談でも多い悩みの1つです。

 

懸命に勉強し、
懸命に情報発信し、
懸命に行動しているにも関わらず、

 

「反応がない…」

 

Facebookを書いても反応がない、、、
ブログを書いても反応がない、、、
ホームページを創っても反応がない、、、
メルマガを書いても反応がない、、、

 

懸命に努力している起業家ほど
この悩みを抱えています。

 

解決策をお伝えする前に、
あなたに質問です。

 

反応がない最大の理由は
なんだと想いますか?

 



 

答えは出ましたか?

 

色々な答えがあり、
そのどれもが正解の1つでしょう。

 

しかし、ここでは

結果に最短で繋がる解決策

をお伝えします。

 

その解決策は、


「未来のお客様から
逆算して考えること」

 

そもそもどうやって
お客様に来て欲しいのか?
動線が明確でないので

 

Facebookを書いても
ブログを書いても
ホームページを創っても
メルマガを創っても

 

反応がないのです。

konnrann

 

そもそも未来のお客様が
迷わず・悩まず・考えずに
あなたの目の前に来れなければ、

 

お客様は迷ってしまい
反応が出るハズがないのです。

 

その問題を解決するには、
未来のお客様から逆算して
考えるのです。

 

具体的に言うと…

 

どこに
未来のお客様はいるのか?

どうすれば、
未来のお客様に出会えるのか?

そのための
最も効果的な方法は?

お客様に何屋さんと
想ってもらう?

お客様がもっと知りたいと想った時に
先に進める動線は?

 

という順番で考えることで、
未来のお客様と繋がることができ、
反応がいただけるのです。

 

未来のお客様から
逆算して考えること
是非チャレンジしてな(^_-)-☆

 

集客をコントロールできるようになる基本

 

読者の入口に立つ

 

ここで、
メディア運営の基本に立ち戻り、
記事の”件名”について、
お伝えしようと想います。

 

テーマは、
読者の入口に立つ=「目を惹く(引く)」モノへ!

 

当然これは基本的なHowToなわけですが、
実践できていますか?

 


件名がアクセスをコントロールする。

とも言われていますが、

 

読者がクリックする(入口から入り必読する)
ことなくして、

あなたのメディアは
見られることはありません。

 


もちろん見られなければ、

集客もできません。

 

つまり、
その確率を高める創意工夫ができれば、
メディアとして成長させる近道が通れるということ。なんや。

 

これはFacebookも同じなのです。

 

メディアをビジネスで活用する方々の中で、
コレをコントロールできている人とそうでない人に、
売上の格差を付けているのも現実なのです。

 


そこで、まずあなた自身の

メディアの記事の件名を
箇条書きに紙に書き出してみましょう!

 

その上で、
読者(顧客)目線で、
入口から入る(クリックしたくなる)かどうか、
原点に立ち戻るスタンスで判断してみることを
オススメします!

 


1:目標到達において、何が問題なのか?

2:どうすれば、その問題は解決できるのか?
3:どのようにすれば、完璧になるのか?

読みたくなる気持ちをかきたてることが必須です。
是非チャレンジしてみてな(^_-)-☆

 

 

時給1000万円でアルバイトを募集します!



驚きましたか?^^;

 

集客をコントロールできるようになる基本では、
メディア運営の基本の立ち戻り、

 

読者(顧客)目線で、
入口から入る(クリックしたくなる)かどうか、
原点に立ち戻るスタンスについてお伝えしました。

 

テーマは、
読者の入口に立つ=「目を惹く(引く)」モノへ!!!

 

あなたにとっての
問題点・解決策・完璧策は見つかりましたか?

 

ここからのお話は、


「ルールは守るモノですが、常識は壊すモノである」

「人は正しいことよりも、楽しいことに共感するモノである」


この2つのUSPメソッドへ

共感及び挑戦することができる方に
オススメの展開策です。


※賛否両論があると想いますが、

どのように捉えるのも自由ですので、
トライする(計測成長)orスルーする。
あなたの判断におまかせします。

 

多くのHow Toにあるような


「読者のメリットを件名にする」や

「読者の問題を解決する」などで構成された”件名”に、
読者は飽き飽きしていることに気づくべきです。

 

また、
あなたを知らない(未認知)
新規読者の獲得に至っても同じで
他と同類の表現で目を惹く(引く)ことは難しいでしょう。

 

つまり、
”正しいこと”や”タメになる”ことを書いても書いても、
暗闇のカラス(見つからない)から脱却することができない。
という現実を打破するための施策を施すということです。

 

えば、件名の始まりに
【重要】【号外】【緊急】【人数限定】等、
思わず見てしまう(読んでしまう)語句を付けてみる。

 

るいは、
『警察に捕まりました』『殴られました』『泥棒』『事件です』等、
ゴシップ誌にあるような見出し(件名)を付けてみる。

 

たは、、、
『宝くじに当たった』『万馬券が当たった』『告白します』等の、
万人の感情に”働きかけてしまう”語句を付けてみる・・・等々。

 

必読率向上、長滞在時間、購買率向上が叫ばれる昨今ですが、
How To 通りの施策を施すのではなく、

 

基本的な「心をかきたてる”感情マーケティング”」を
行いきれていないだけだと私は考えます。

 

”オモシロオカシク”そして”超リアル”に、
件名から本文に繋げることができれば、

 

あなたの”ユニークさ目当てのファン”が
付くかもしれません。というか、


これだけのソーシャルメディア時代です。

付かなければイケませんね!!!

日々、コンビニで売られている雑誌や週刊誌、
新聞のTV欄を隅々までチェックすることや、
Amazoneランキング、メルマガやブログランキング、
フェイスブックランキングの見出し(件名)をチェックすること。

 

何よりいつも”ウザい”と感じるほどに届いている
「スパムメールor迷惑メール」等の件名をチェックすること

 

ツヨク ツヨク オススメします!!!

 

メディアのPVが劇的にあがる達人術!

 

集客をコントロールできるようになる基本と
応用編を通じて、
読者の入口に立つ=「目を惹く(引く)」モノへ!!!

 

と成長させる世の中のHowToに逆らった目線の
展開策をお話しましたが、

 

その創意工夫(展開策)の次に忘れてならないのが、
3秒ルール & 15秒ルールの仕掛けです。

 

そもそも読者(顧客)は”せっかち”なモノ。

「オモシロイ、ミタイ、クリックシヨウ」
と感情を動かし入口に入りはしたものの・・・。

 

「観たい、知りたい、もらいたい」情報までに
すぐに到達することができなければ、
その記事やメルマガは”×(バツ)ボタン”を押すことになります。

 

タイトル(件名)に、
「目を惹く(引く)」ことができたならば、

 

即、その情報の場所、
してもらいたい行動を教えてあげましょう。
#「顧客が動きたく成る”動線”」が成否を分ける
#ビジネスモデル・商品・サービスにより動線方法は変わります

 

そうすれば、購買率(反応率)は倍増します。


心の”きずな”を高める前に、

まず、読者の入口に立つ=「目を惹く(引く)」モノへ!!!

 

タイトル(件名)に、
「目を惹く(引く)」ことを意識させることができれば、
スゴイことになるでしょう(^_-)-☆

 

もっともっと脳ミソを柔らかく柔軟に
オモシロオカシク 必読率を上げていきましょう!

 

ペットヒーリング整体が広がったメディア戦略

 

飛び道具を活用していますか?

1日5分飼い主さんがなでるだけで
愛するペットを元気にできる
革新的なサービスを開発し

 

わずか5ヶ月で600万円を超える
売上げをあげた門下生の実例を紹介します。

今回ご紹介するのは
ペットヒーリング整体の大友けんたろうさん


その革新的なサービスを広めるために
活用したのはフェイスブックでした。

 

Facebookを単に友達創りに留まらずに
※「ビジネスでの飛び道具」として
活用しています。

 

▼ペットを飼っている方が活用している

▼ブログやホームページと違い、
”滞在時間”も強烈に長い

▼実名で未来のお客様と
”相互コミュニケーション”が取れる

 

以上から”有効・有益な飛び道具”と
位置づけることができるのです。

 

さらには、

・アメブロでできないことがFacebookでできる。


・ホームページでできないことがFacebookでできる。


・メルマガでできないことがFacebookでできる。

 

 

それは何か?と言えば
Facebookを未来のお客様と出会う
ための入り口と捉えるのであれば、

 

Facebookの大きな強みは、


「どのメディアよりも、

口コミ・バイラル戦略を起こしやすい」
 


つまり、

 

Facebookのもつ” 伝染力 ”なのです!

愛するペットが元気になっていく様子が
飼い主さんのFacebookだけでなく、

 

タグ付けされ大友さんのFacebookにも
どんどん広がっていったのです^^

 

大友さんの未来のお客様を考えた時に
最適なメディアがFacebookだったのです。

 

効果的に活用した結果、
Facebookを活用して
5ヶ月で600万円という
売上げにつながったのです。

 

自分のサービスを知り、
メディアの特徴を知り、
飛び道具として活用すること

 


是非チャレンジをしてな(^_-)-☆

 

=======================
読みたくなる気持ちをかきたてるんや!
=======================

あなたはトラップにハマっていませんか?

 

それはどんなトラップですか?

 

もしも、
今すぐトラップのチェックシートを
手に入れたいならこちらです。

 

▼実は、大切なポイントはココにある!▼

———————————————————–
000人を超える起業家が読んでいる


売上をのばしている起業家の方が
教科書のように使い倒している無料電子書籍!
チェックシートと攻略本をセットで
無料でプレゼント!

——————————————————- 

 

最後まで読んでくれておおきに^^

3秒で顧客の心に火をつけろ!
起業家のためのUSPディレクター
小藪 宗博

\ SNSでシェアしよう! /

USPコンサルタント小藪宗博 公式サイト マーケティングの「売れるヒットパターン」を徹底解決するサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPコンサルタント小藪宗博 公式サイト マーケティングの「売れるヒットパターン」を徹底解決するサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • フェイスブックでよくやる失敗例【やめるだけで上手くいく方法】

  • Facebook集客でやってはいけない活用ノウハウの失敗事例まとめ

  • 売れていない人ほど、無意識にやってしまっているトラップ【フェイスブック活用の罠】

  • 【問題】なぜ起業でSNSを使うのでしょうか?