公務員が起業して失敗するマーケティングのワナ

●公務員が起業して失敗する
マーケティングのワナ

 


起業家のためのUSPディレクター
小藪宗博です。

 
 

私が消防士を辞めて起業し
結果を出してきたこともあり、

 

公務員の方から起業に関する相談を
よく受けるようになってきました。

 
 

公務員から起業する際によくあるトラップは、

「全く経験がないという
 自覚が足らないこと」

です。

 
 

公務員は、

 

・営業をしたこともない
・もらった予算を使うだけ
・自ら稼ぐことをしたこともない

 

ので、

 

普通のサラリーマンから起業するより、
売上をつくる経験がないために、

公務員が起業する方が
失敗する可能性が圧倒的に高いのです。

 
 

だからこそ、
まずは経験が全く無いと自覚することです。

 
 

その上で、元公務員という同じ境遇から
結果を出している人から学ぶことです。

 
 

「元営業マンから起業を成功させた人から学ぶ」

or

「元公務員から起業を成功させた人から学ぶ」
 
 
どちらが成功できるか明確ですね。
 
 
 
元営業マンの人は、
会社員だったとはいえ、
人に商品を売った経験があります。
 
 
そのための行動もしてきています。
その土台のうえに起業特有の経験を
積み重ねることで成功してきています。
 
 
ですが、

 

かつての私もそうでしたが、
公務員は人に商品を売った経験はありません。

 
 

ビジネスの土台が全くないため
単に起業を成功させた人から学ぶと、
間違いなく失敗します。

 
 

だからこそ
自分と同じ公務員という境遇から
結果を出している人が実践してきた方法を
学ぶことが大切なのです。

 
 

このように
マーケティングの失敗のワナを知り、

正しい方法で実践すれば結果が出ます。

 
 

正しい方法を知り実践していきましょう!

 

▼他にもやめるだけで上手くいく方法はこちら▼

———————————————————–
000人の起業家が読んでいる

やめるだけで結果が出る
方法が書かれた唯一のメール講座

https://usp1000.com/?p=2670
——————————————————- 

 

できるからやる。のではなく、
やるからできるんや( ̄^ ̄)ゞ

 


最後まで読んでくれておおきに(^^)

 

3秒で顧客の心に火をつけろ!
起業家のためのUSPディレクター
小藪 宗博