1. TOP
  2. 売れる商品・サービスの法則(つくり方)
  3. 「吉野家」VS「すき家」から読み解く令和に売れる秘訣

「吉野家」VS「すき家」から読み解く令和に売れる秘訣


平成最後に発表されている決算で


吉野家とすき家の明暗が
くっきり分かれました。


牛丼チェーン「すき家」を手がける
ゼンショーホールディングスが
2月5日に発表した


2018年度第3四半期
(2018年4月~12月期)決算は、

売上高4548億円(前年同期比4.4%増)
営業利益146億円(同7.2%増)
と好調でした。




一方、
「吉野家」を展開する
吉野家ホールディングスが1月に公表した

2018年度第3四半期
(2018年3月~11月期)決算は、


売上高1500億円(前年同期比2.4%増)
と増収ながら、
営業利益は5.6億円の赤字に転落しました
(前期は25億円の黒字)。





すき家:145億円の黒字
吉野家:5.6億円の赤字



その差は歴然ですね。




この差を紐解けると
令和時代に売れる起業家像が
見えてくるのです。




少し細かく分析していきます。



牛肉やコメなど原材料価格の高騰や
従業員に支払う人件費の上昇といった要因が
業績を圧迫していることは、
両社に共通しています。



それにもかかわらず、
営業利益にこれほど大きな差がついたのは、
コスト増の対抗策が大きく違ったため。




様々な対抗策が取られましたが
決定的に違いを生んだ対抗策があります。



そこに
これからの令和時代に売れる人と
売れない人の違いが見えてくるのです。




その違いは何だと思いますか?







答えは。。。



新商品の投入サイクル




吉野家は王道の牛丼を価格据え置き
だけで攻めたのに対して




すき家は王道の牛丼は価格据え置きで
準備しつつ



それだけでなく、

毎月期間限定の新商品を
価格をあげて投入したのです。





言い換えれば、


お客様の様々な欲求に
応え続けたのです。




それが少々価格が高くても
人気につながっていきました。




これは起業家も同じです。



1つの王道コンテンツは必要です。



私も

オリジナルヒットパターン創造個別相談
は絶対に必要なサービスとしてあります。




ですが、
それだけでなく、

Facebookやヒットのからくり、
ヒットパターン事例集など、



お客様が抱える問題に対して
様々な角度から
新しい攻略本を出しているのです。



それがヒットし続ける要因になっています。




あなたは大丈夫ですか?




吉野家にならずに
すき家のようにお客様の問題に応え続ける
令和に売れる起業家になりましょう^^



あなたのヒットパターンはどんなカタチですか?

 

それはいつ出来ますか?

 

もしも、
今すぐ売れるヒットパターンを
手に入れたいならこちらです。

 

▼実は、大切なポイントはココにある!▼

———————————————————–
000人を超える起業家が読んでいる


売上が劇的に変わる新しい視点!
売れるヒットパターンの事例集を
無料でプレゼント!

——————————————————- 

最後まで読んでくれておおきに^^

3秒で顧客の心に火をつけろ!
起業家のためのUSPディレクター
小藪 宗博

\ SNSでシェアしよう! /

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「売れるヒットパターン」を徹底解決するサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「売れるヒットパターン」を徹底解決するサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 『3秒決断の法則』に売れる商品の特徴がある!

  • 5分でわかる、あなたの「売れる力」

  • サーフボードを購入から紐解くビジネス成功のヒント

  • 遊びがシゴトになる!?サーフィンスクールの体験から紐解く、検索され選ばれるビジネスの創り方