1. TOP
  2. 起業成功者のマインド・習慣
  3. 7年ぶりに訪れた「ビジネスの原点」の地、岩手県釜石市

7年ぶりに訪れた「ビジネスの原点」の地、岩手県釜石市

起業家のためのUSPディレクター
小藪宗博(こやぶ むねひろ)です。

この記事は、
岩手県釜石市からお伝えしました。

 

前回の記事では、
起業家が原点に触れる大切さについて
お伝えしました。

 

まだ読んでいない方はこちら
>>> https://usp1000.com/?p=8682

 

私も昨日から、
原点に触れる旅として、
岩手県に来ています。

 

 

私が起業の道に憧れを持ち、
起業に向けて心が動き始めたのは、
東日本大震災の時でした。

 

 

当時はまだ消防士だったので、
震災の2日後に岩手県に
緊急消防援助隊として派遣されました。

 

 

そして、大阪府隊として
遠野市を中心に、釜石市や大船渡市など、

 

 

被害の大きかった場所で
8日間に渡って活動を行いました。

 

意外と鮮明に覚えているものですね!

 

 

3月だったのでまだ路面が凍っていて、
グリップを失って危うく事故しかけた場所

 

普通の景色から
津波が到達して景色が一変した場所

 

当時もあった建物や通ったバイパスなど

 

当時のことが明確に思い出せました。

 

と同時に、

 

新しく復興に向けて作られた道路
整備された水門や港など、

 

復興に向けた
新しいパワーも感じました!

 

 

私が起業に向けて動き出した原点は、
この震災時に派遣された
遠野市と釜石市にあります。

 

その際に
あるボランティアの方に出会ったのです。

 

その方は、
震災の4日後から毎日、
おにぎりを配ってくれるボランティアを
してはりました。

 

日によって配る人が変わるなか、
その人だけが毎日来てくれていたので、
気になってその方に聞いてみたのです。

 

「◯◯さんは今日は来られないんですか?」
と聞いてみたら、

 

その方は、
「◯◯さんは会社があるから
今日は来れないんです。」

 

と答えはったのです。

 

なるほど!こんな時でも
会社に行かないといけないんだと想いつつ、
逆に毎日来れるその方が何をしているのか
気になって、

 

「◯◯さんは会社なんですね〜。
では△△さんは何で毎日来れるんですか?」

 

と聞いてみた所、

 

「私は自分でビジネスをしているので」
と答えはったのです。

 

 

そう!
△△さんは起業家だったのです。

 

 

その時に、
こんな震災時でも会社に行かないといけない
会社員とちがって、

 

 

自らの意思で、
すすんでやりたいコトをしている
起業家ってカッコいいな!

 

と想ったのです。

 

 

その憧れが次第に大きくなり、
震災から1年半後の年末に、

 

 

ついに消防士を辞めて
起業の道へ進み出しました。

 

 

今となっては
自分の脚で立てるようになりました!

 

ですが、、、

 

まだあの方のように
8日間もビジネスを離れられるか
といえば、、、

 

まだまだ仲間が足りません!!!

 

原点に触れた時に、
もっと可能性を広げるためにも
仲間が足りない!と強く感じました。

 

もっとヒットパターンを活用して
がんばらなあかんなと想えた場所でした。

 

あなたのヒットパターンはどんなカタチですか?

 

それはいつ出来ますか?

 

もしも、
今すぐ売れるヒットパターンを
手に入れたいならこちらです。

 

▼実は、大切なポイントはココにある!▼

———————————————————–
000人を超える起業家が読んでいる


売上が劇的に変わる新しい視点!
売れるヒットパターンの事例集を
無料でプレゼント!

——————————————————- 

最後まで読んでくれておおきに^^

3秒で顧客の心に火をつけろ!
起業家のためのUSPディレクター
小藪 宗博

\ SNSでシェアしよう! /

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「ヒットパターン」を徹底解決するサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「ヒットパターン」を徹底解決するサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • ココ!信じてはる?

  • 安田純平さん帰国報道にみる『起業の落とし穴』

  • アイディア広がる仕事をする場所の選び方

  • ビジネスは初動が肝心!その理由は?【やめるだけで上手くいくマーケティングのタブー】

  • これがない起業家は、よく消えてるで。