1. TOP
  2. やめるだけで結果が出るUSP集客マーケティングのワナ(失敗・トラップ・罠)
  3. Facebook USP集客マーケティングの失敗・ワナ・罠
  4. Facebookで多発しているスパム判定のマーケティング対応策

Facebookで多発しているスパム判定のマーケティング対応策

2018年1月12日
Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏から
今後の方針が示されました。

もうすでにご存知の方は
数多くいらっしゃると思います。

今回は、
Facebookのスパム騒動についてお伝えしていきます。

 

1 スパム判定のスタートとなったマーク・ザッカーバーグ氏の発言

スパム判定のスタートとなったのは、
Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏が
Facebookで発信したコメントからでした。

 

マーク・ザッカーバーグ氏のコメント
(英語)
https://www.facebook.com/zuck/posts/10104413015393571

要約すると

ーーー

元々のFacebookの目的は、
私達個人個人が、
大切な家族、友人、仲間とつながるために
作られたものであるにも関わらず

 

最近は、そういう大切なつながりとは
関係のないコンテンツ
(ビジネス関係)が
増えすぎていて、
Facebookユーザーが大切な人々と過ごす
時間が阻害され始めています。

 

なので、2018年は、
特にFacebookのニュースフィードにおいて
自分たちの本来の目的に立ち戻り、

 

多くのユーザーが
より大切な家族、友人、仲間と
価値ある時間を
過ごすことができるようになることを目的に
Facebookを大幅に改善していきます。
 

ーーー

といった内容でした。

大切な人とつながり、
価値ある時間を過ごすことができるように
Facebookを大幅に改善していくと
明言していたのです。

このザッカーバーグ氏の発言に対して、

あなたは何か対策をしてきたでしょうか?

これらの対策を考えずに、
もしくはこれらの発言を知らずに、

今までのようにFacebookを単なる
ビジネスのツールとして使っている方に
スパムがよく出てしまっています。

私の周りの方やクライアントさんからも
お問い合わせをよく頂くようになったので、
ご説明していきたいと想っています。

2 ザッカーバーグ氏発言の要点

ここで見落としてはいけないのは、
大きく2点です。

1:個人個人の繋がりを重視
2:Facebookを大幅に改善する

これら2つのポイントは
密接に関係しているので
同時に紐解いていきます

 

3 Facebookスパム判定への対応策

まず1点目の、
個人が大切な仲間との繋がりを
重視して強化していくと書いている通り、

個人と個人の繋がりが大切になってきます。

この個人がFacebookに本当にいるのかを
判定するために、2点目の改善された
仕組みが機能しています。

例えば

・ツールを使って自動投稿している場合
・個人が特定できない共有ドメインのURL

これら2つが疑われる投稿があった場合

・上記投稿に対するスパムでないかの確認

これらのステップをもって、
そこに人が本当にいるのか
確認しているのです。

Facebookの機能から紐解けば
実は対策は簡単なのです。

Facebookのスパム判定は、
あくまでのシステムを組み込んで
判定していきます。

そのため、
まずは機械でもできる可能性がある投稿の
リストアップ

本人確認

という手順でそこに人がいるかを
確認しているのです。

 

4 実は昔からあった判定機能


実は、これらの機能は
Facebook初期の頃からありました。

あなたは、
過去にメッセージを送り過ぎて、
メッセージ送信のペナルティを受けたことは
ありませんか?

これらも、
機械を使って自動でメッセージを送っている
アカウントに対してペナルティを与える
ことから始まっています。

Facebookが
個人と個人の繋がりを大切にしていたのは、
今に始まった訳ではないのです。

メッセージだけでなく、他にも
アメブロなど他のメディアからの自動投稿は
露出範囲が極端に狭まったりという風に

昔から、
機械が自動的にできることは、
基本的に排除する仕組みがあったのです。

その機能がより強化されただけなのです。

 

5 Facebookスパム判定問題まとめ

そもそもFacebookとは?を考えると
今のスパム騒動も慌てる必要はありません。

対策は非常にシンプルです。

ザッカーバーグ氏が言っている通り、
人がいて交流していること
を証明すればいいのです。

当たり前ですが、
ツールなどを使った自動投稿はしない

出来ることなら、ブログなどのURLは
誰かわからない共有ドメインではなく、
個人が特定できる独自ドメインにする

仮に、アメブロなど共有ドメインで
スパムかも?と問い合わせがあったら、
スパムでないと意思表示をすること。

このように、
個人が存在していることを証明していけば、
スパム判定されることはないのです。

事実、
私は自分の投稿でスパム判定されたことは
1度もありません。

これらのスパム騒動を見ていて、
ツールに振り回されていた昔を
思い出してしまいました、、、^^;

本当にアツい想いを持って、
正しくツールを活用できる個人起業家が
これからの時代は勝っていける!!!

私はそう信じています!

このスパム騒動を機に
あなたのマーケティングも考え直してみませんか?

 


▼実は、大切なポイントはココにある!▼

———————————————————–
000人を超える起業家が読んでいる

売上が劇的に変わる新しい視点!
売れるヒットパターンの事例集をプレゼント!

https://usp1000.com/?p=2670
——————————————————- 

最後まで読んでくれておおきに^^

3秒で顧客の心に火をつけろ!
起業家のためのUSPディレクター
小藪 宗博

\ SNSでシェアしよう! /

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「ヒットパターン」を徹底解決するサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

USPコンサルタント小藪宗博のマーケティングの「ヒットパターン」を徹底解決するサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • フェイスブックでよくやる失敗例【やめるだけで上手くいく方法】

  • コーチング起業で沖縄という地方でも月商100万円を超えました!【ラベルマップコーチ 岸本拓己さんの場合】

  • クライアント候補に「お願いします」と言われる◯◯◯の即効性!【ビジネスプロモーター 工藤 開聖さんの場合】

  • Facebookやブログで読まれやすい記事の書き方【ウェブマーケティングの失敗・ワナ】

  • 売れる起業家の視点は、何がちがう?

  • フェイスブックにのまれてフェイスブックをすることが目的になってる人へ