「コーチングで売上げを伸ばせない」マーケティングのワナを発見!


「コーチングで売上げを伸ばせないマーケティングの失敗のワナが見つかったトラップ・キャッチャー体験会」

 

3秒で顧客の心に火をつけろ!
起業家のためのUSPディレクター
小藪 宗博です。

 

東京都でコーチングをしている 一心 かず さんから

 

『コーチングで売上げを伸ばせないマーケティングの失敗のワナが見つかった

トラップ・キャッチャー体験会でした。

とのトラップ・キャッチャー個別相談会への感想をいただきました^^

トラップ・キャッチャー 一心さん感想
 


一心さんのブログはこちらからどうぞ。

>>> フューチャースイッチ・コーチング 一心かず

 

一心さんは絵を活用して未来のビジョンを書き換えるコーチングをしてはります。

 

一心さんが実施していたマーケティングの失敗が明確になり、

上手くいく方法だけでなく、失敗する理由も明確にすることができました。

これからの集客に活用してくれることを期待しています^^ 



ここから——————————–

コーチングでなかなか売り上げを伸ばせない失敗の”ワナ”が見つかったトラップ・キャッチャーを体験してきました!

 

詳しくはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓      
http://usp1000.com/?p=1169&issin

 

本日、「トラップ・キャッチャー」を体験してきました!

「トラップ・キャッチャー」って何?って思うでしょ?
やってて、かなり焦っちゃいました。

「これやってなかったわぁー」って冷や汗タラリ。(^^;;

「トラップ・キャッチャー」は、起業する時や、
起業してからそこそこ上手くいってるけれど
突き抜けることができない時にハマってしまいがちな

「あるある」なワナを事前に見つけてしまう優れものなんです。

 

自分は、コーチングをはじめてから、
多くのヒトに届けたいと決めてからしばらく経ちます。

 

だから、いままではいろんな上手くいく方法を試してきました。

 

でも、大事なお客様に届けきれていない感覚がありました。

「トラップ・キャッチャー」をしてみて気付いたこと。
それは、いままでやってきたことは、全部、上手くいくやり方だけ。
決して、陥ったらいけない失敗のワナを見ることはありませんでした。
何か、歯車が噛み合ない感覚がずっとあったんです。

 

それは、
・上手くいくやり方
・ワナにはまらないようにやること
この二つが噛み合っていることが大事だったんですね。

 

「トラップ・キャッチャー」は、5つのカテゴリを網羅してるから、
そもそも抜け漏れを気にしなくていいし、
難しくないので、5分もあれば、全部やれちゃちゃいます。

 

だから、新しい行動をする直前の5分で、
ワナにはまらないためのチェックができるってことなんです。

 

だから、デスクの目につく所に貼っちゃいました。
いつでもチェックするために。

 

上手くいくやり方を追いかけながら、
売り上げが伸ばせていない方には、
おススメのセミナーです。

 

詳しくはこちらをクリック
      
http://usp1000.com/?p=1169&issin

 

 

ここまで———————————-

 

一心さんおおきにです^^

 

 

一心さんは絵という特徴のあるコーチングをしているにもかかわらず、

新規顧客が思うように獲得できていなかったために、

マーケティング失敗の”ワナ”を知りたいと、

トラップ・キャッチャーを体験しに来てくれました。

 

一心さんがかかっていた失敗のワナは、顧客が明確化する創造力でした。

 

絵というインパクトのある武器を持っているがゆえに、

「たくさんのお客様に伝えたい!」と気持ちが先走ってしまい、

メッセージがブレてしまっていたのです。 

 

マーケティング失敗のワナをトラップ・キャッチャーで見つけ出した後に

その解決策を知り、実践していますので、

今後、発信するメッセージが変わってくるハズです(^_-)-☆

 

 

売上げが上がらない!
集客がうまくいかない!

 

そう思ってはる方は
ぜひ、一度トラップ・キャッチャーを体験してみてください^^

 

 

あなたもマーケティング失敗のワナを失くし、

お客様に選ばれる起業家になりませんか?

 

個別相談会でお会いしましょう!

 

シゴトの研ぎすませで売上げを最大化する
トラップ・キャッチャー個別相談会
~ビジネスの限界を突破する解決策が手に入る90分~



トラップ・キャッチャー表紙 のコピー.004

 

 


できるからやる。のではなく、
やるからできるんや(^_^)v

 

 

最後まで読んでくれておおきに^^

 

USPディレクター
小藪 宗博